Creator's Value クリエイターズ・バリュー

SEIBUNDO SHINKOSYA PRESENTS

会員受賞news【アートディレクター・デザイナー:武井衛】

2018/11/20【News1】

1969 年に『日本レタリング年鑑』としてスタートし、今年、通算発行で40 冊目となった『日本タイポグラフィ年鑑2019』におきまして、アートディレクター・デザイナーの武井衛さんが、ロゴタイプ・シンボルマーク部門のベストワークに選ばれました。

https://www.typography.or.jp/topics/topics01.html#t144


受賞作品の制作における思考とプロセスについて、以下武井さんのコメントです。

“「個人店だからできるおもてなし」をカタチに。

芝浦で店を構えて10数年。お客様に、ゆったりとくつろぎ、落ち着いてお酒と食事を楽しんでいただける店でありたい。その店主の思いを感じる“肴いち川”らしさを表すロゴデザインを目指しました。

店主の「一人ひとりのお客様を大切に」という姿勢から、まずは「人」というキーワードが浮かび、「くつろぎ、酒、料理、おもてなし」から、「心に明かりが灯る」というイメージを抱きました。

繰り返しスケッチした「人」という文字が、店主のイニシャル「I」に重なり、「I」の小文字( i )の「点」を赤くする事で、明かりが灯りました。この瞬間、ロゴに命が吹き込まれたような感覚を得て、何度も何度もカタチを整えて完成したのが、このロゴデザインです。”


また、今回の受賞に対する思いを語っていいただきました。

“ベストワーク賞を受賞するとは、全く予想もしていませんでした。最初は信じられない気持ちでした。
特に、ロゴタイプ・シンボルマーク部門での受賞は、ロゴデザインを軸に仕事をしているデザイナーとして大きな喜びであり、励みになります。
この賞に恥じないよう、これからもお客様一人ひとりと向き合い、心に残るロゴを作り続けていきたいと思います。”

クリエイタープロフィール
MARKLE DESIGN 代表
アートディレクター・グラフィックデザイナー
武井 衛

1975年埼玉県生まれ。'98年、株式会社レマン入社。
複数の広告プロダクション、メーカーの広告宣伝部を経て、'15年「MARKLE DESIGN」設立。ロゴを中心に、グラフィック・パッケージ・Webまで幅広いデザインで、企業や商品のブランディングを手掛ける。
日本タイポグラフィ年鑑2019ベストワーク賞・入選。JAGDA会員。

https://markledesign.com/
E-mail:info@markledesign.com

ページの先頭へ