Creator's Value クリエイターズ・バリュー

SEIBUNDO SHINKOSYA PRESENTS

デザインノート66号の特集は『写真と動画。』

2016/03/17

デザインノート66号の表紙

静止画と映像の新しい関係論
写真と動画。

カメラマンを取り巻く状況は、紙媒体だけでなくWebやデジタルサイネージをはじめムービーまでと、際限なく広がっています。スチルカメラマンがムービーを撮影するケースも珍しくありません。プロならではの高解像度のカメラもある反面、最近のiPhoneやコンパクトカメラでもムービーを撮影して編集もできてしまう環境が生まれています。

このようにテクノロジーが進化し多様化している現在、最終的には作り手の思考が重要になってくると言えます。今回の特集は、最先端の技術的手法やアナログ的な表現方法などを用いて活動する、もっとも旬なカメラマン、写真家、映像作家、アートディレクターにスポットをあてます。どのような思考過程で表現されたイメージやコンテンツなのか。またスチルだけでなく映像にも取り組んでいるクリエイターを中心に彼らの取り組みを探ります。

●今回の特集の目玉企画として
特集のすべての登場人物にご協力いただき、誌面の写真にAR機能を付加しています。誌面の画像にスマホやタブレットをかざすだけで動画が始まり、取材中の風景や、コマーシャルや映像作品を誌面で見ることができます。
ページの先頭へ