Creator's Value クリエイターズ・バリュー

SEIBUNDO SHINKOSYA PRESENTS

2023/05/11 【News1】

「無敵のブランディングデザイン」≪5月11日発売!≫

「無敵のブランディングデザイン」

クリエイティブディレクター・アートディレクターの、
ブランディングデザイン事例を思考法とともに大公開。

・商品ブランディング
・店舗のブランディング
・新規事業のブランディング
・企業のブランディング
・地域ブランディング
・リブランディング
など、さまざまなシーンの事例をご紹介しています。

ブランディングの考え方から、デザイン思考をビジネスに生かす手法、
コンセプト立案、デザインへの落とし込みまで、
デザイナーが押さえておきたいノウハウが満載です。

「ブランディングのセンスを磨きたい」
「これから、手掛けるブランディングの幅を広げていきたい」
「トータルブランディングを強みにしたい」
「クライアントへのプレゼンにもっと説得力を持たせたい」
という方におすすめです。

【Contents】
SPECIAL INTERVIEW 水野 学(good design company)
梅原 真 (梅原デザイン事務所)
植原亮輔 渡邉良重 (KIGI)
居山浩二 (iyamadesign inc.)
野口孝仁 植村 徹 (Dynamite Brothers Syndicate)
金谷 勉 (CEMENT PRODUCE DESIGN)
伊藤直樹 (PARTY)
色部義昭 (日本デザインセンター 色部デザイン研究所)
木住野彰悟 (6D)
八木秀人 (Hand Inc.)
関本明子
内田喜基 (cosmos)
西澤明洋 (エイトブランディングデザイン)
佐藤オオキ (nendo)
佐々木智也 (PARK Inc.)
太刀川英輔 (NOSIGNER)
山晴太郎 (セイタロウデザイン)
川上恵莉子
Bascule
宇田川裕喜 (BAUM LTD.)
加藤智啓 (EDING:POST)
企業別索引

2023/02/14 【編集部より】

デザインノート Premium 文字を極める
新発売

あらゆるデザインにおいて、「文字」はなくてはならない要素だ。PCやスマートフォンのオンスクリーン上など、多様なメディアへ対応することが不可欠な現代、さらにデジタルフォントの選択肢が飛躍的に増え、ますます「文字デザイン」の自由度が高まっている。コミュニケーションが加速している潮流の中、アートディレクターやデザイナーは、あらゆるメディアにおいて人を惹きつける美しいフォントと文字組みのバランスを探り、個性を際立たせるために試行錯誤を続けている。
「文字デザイン」は、まさにデザイナーの力量が問われる部分だ。本特集では、文字に精通したトップアートディレクター、デザイナーを厳選。それぞれの視点から、文字とデザインの関係を紐解いてみた。

■目次

●佐藤可士和(SAMURAI)
目的に応じて文字を自在に操り、ブランドにふさわしいイメージを構築する

●水野 学(good design company)
ブランドの歴史をたどり、文字の奥深さに向き合う

●SPECIAL TALK
知識の蓄積と言語化の力で、文字デザインの価値を最大化する 今市達也 × 水野 学

[ブランディングデザインと文字]
●内田喜基 (cosmos)クライアントの想いを「文字化」する

[本と文字]
●山田和寛 (nipponia)文字は、著者に代わり発する“声”。その雰囲気と内容にいかに寄り添うか

[パッケージデザインと文字]
●赤井佑輔 (paragram)文字が持つ特性を最大限活用し、「わかりやすさ」と「違和感」を共存させるパッケージ

[グラフィック、タイプデザイナーの視点]
●今市達也 (MIMIGURI)フォントは発信者の人格を体現する動的ツール。デザインを通して、使う価値や楽しさを伝えたい

■各社一押しの新書体
・モリサワ:Morisawa Fonts × minna 角田真祐子・長谷川哲士
・フォントワークス
・タイププロジェクト
・モトヤ

Professional CREATORS GALLERY クリエイターズ・バリュー クリエイター30組の仕事
Creator in the Spotlight:明里圭修(CRATER Inc.)

誠文堂新光社HP
https://www.seibundo-shinkosha.net/magazine/art/77048/

2022/09/29 【News3】

会員NEWS【イラストレーター:うめだはなこ】

ガールズイラスト作家10名によるグループ展『マイ・ガール展〜彩〜』が原宿 デザフェスギャラリーにて開催

「かわいい」だけじゃない、多面的な少女の魅力を
新進作家10名が描く、『マイ・ガール展』。
第二弾の今回は「彩」をテーマに、思い思いの「マイ・ガール」を描きます。

時にイノセントで、時にハッとするほど魅惑的で。
あなたの心の中の『美少女』を。
あなただけの『マイ・ガール』を見つけに。

『マイ・ガール展〜彩〜』
2022年10月21日(金)〜10月24日(月)
DESIGN FESTA GALLERY
WEST 1-F

DESIGN FESTA GALLERY
https://designfestagallery.com/
詳細ページ
https://designfestagallery.com/gallery-detail/?id=644

2022/09/06 【News2】

会員NEWS【デザイナー:武井衛(MARKLE DESIGN)】

トークセッション「デザイナーとはじめるブランディング」を2022年9月29日(木)に開催。

概 要 株式会社タニタハウジングウェアの33年ぶりのロゴ改定を
    マークルデザインで担当。
    プロジェクトの発足から新ロゴマーク完成までのプロセスを
    谷田社長にご参加いただき、トークセッションをおこないます。
   (後半:ワークショップ予定)

日 時 2022年9月29日(木) 18:30〜21:00

会 場 板橋区立グリーンホール601(1000円)
    オンライン(無料)

詳 細 https://tokyo-doyu.shikuminet.jp/events/public/3035/


※主催:一般社団法人東京中小企業家同友会 板橋支部
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参考)タニタハウジングウェア「雨のみちをデザインする」
   コンセプトムービー
https://www.youtube.com/watch?v=KEvh7hFJSAU

2022/09/06 【News3】

会員NEWS【イラストレーター:ヤマナカ ハルナ】

グループ展「Favorite things」が2022年9月7日(水)〜18日(日)にMOUNT tokyoにて開催。

イラストレーターが、お気に入りの物や時間をテーマに、
それぞれのタッチで制作した作品を展示。
多彩な世界観が楽しめるグループ展です。

【概要】
グループ展「Favorite things」

いのうえゆうこ・OJIYU・小森夏海・nemimi・hakowasa・深町マチコ・藤嶋えみこ・ヤマナカ ハルナ

2022年9月7日(水)〜18日(日)
11:00〜18:00(最終日は17:00まで)
休廊:月・火


展示詳細ページ
https://mount.co.jp/event/79324347

MOUNT tokyo
154-0012
東京都世田谷区駒沢2-40-6

2022/07/21 【News1】

イラストノート Premium よー清水の仕事
新発売!

普遍的な魅力で見る人の心を掴む美しい背景画や、
スチームパンク、ハードSFのファンにも響くメカニカルな設定画、
さらにはトレンドをおさえた瑞々しいキャラクター造形など、
多岐にわたる活動を展開しているよー清水。
最も重要なのは、自身の作家論や影響を受けた作家たちへの
リスペクトを語ることではなく、
クライアントを喜ばせることや鑑賞者を楽しませること。
圧倒的な表現力と技術を持っていながら「作家性」を語るのは苦手。
クライアントやユーザーの「期待以上」に応えることが最優先で、
仕事によって躊躇なく表現を変更し、
それぞれの仕事で最大限の価値を提供する。
それが仕事のスタイルだ。
本特集では、よー清水の学生時代に描いた水彩画から
現在の多岐にわたるアートワークまでをまとめて紹介。
また、あらゆる角度から思考を追求した
永久保存版の内容にて展開。
現在進行形のよー清水を追いかけることで
イラストレーションの可能性を追求してみた。

■よー清水
コンセプトアーティスト、デザイナー、イラストレーター。学生時代からフリーランスでゲーム、アニメを中心にコンセプトアーティストとして活躍。主な参加作品は『FINAL FANTASY VII REMAKE』(スクウェア・エニックス)、『GUNDAM FACTORY YOKOHAMA』(創通・サンライズ)、『ヒプノシスマイク』(キングレコード)、『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』(WIT STUDIO)など。近年ではグッズイラストや広告、漫画、技法書、クリエイティブソフトの開発協力など、あらゆるメディアへ活動の場を広げている。


■目次
領域をまたぐ、よー清水の活動
多様化する「絵の仕事」を徹底解説!
特集: 「よー清水の仕事」

・よー清水 アートワーク
・イラストノート表紙メイキング
・ロングインタビュー
・駆け出しイラストレーター必見!
イラストレーターとして成功するための13の視点
・アトリエ紹介
・夏の美術学校特集2022
・Special Edition クリエイターズ・バリュー イラストレーター48人の仕事
・「イラストレーションで仕掛ける」cosmos 内田喜基

2022/07/13 【編集部より】

デザインノート Premium 西澤明洋の成功するブランディングデザイン
好評発売中

デザインノート Premium
西澤明洋の成功するブランディングデザイン


デザインの最前線で「ブランディングデザイン」が戦略の軸になって久しい。
西澤明洋は、時代に先駆け「ブランディングデザイン」というジャンルを開拓し、
企業の経営戦略にコミットする活動を展開してきた先駆者だ。
西澤がエイトブランディングデザインを立ち上げたのは2006年。
「フォーカスRPCD®」という独自の機能性の高い手法を開発し、
一貫性のあるブランディングデザインを実現。
以来、「ブランディングデザインで日本を元気にする」というコンセプトのもと、
ビールから神社まで業種業界を問わず100以上のブランドを成功へと導いてきた。
企業経営におけるデザインの重要性が語られる時代において、
西澤は、ますます求められる存在となっている。
本書では、西澤率いるエイトブランディングが手がけている
プロジェクトのなかから多様な12例を紹介。
それぞれのクライアントと西澤がどう向き合い、最適な解へと導いたのか
そのロジックを全公開。
デザイナーのみならず、ビジネスリーダー必見の内容となっている。


■西澤 明洋(にしざわ あきひろ)
ブランディングデザイナー

1976年滋賀県生まれ。株式会社エイトブランディングデザイン代表。「ブランディングデザインで日本を元気にする」というコンセプトのもと、企業のブランド開発、商品開発、店舗開発など幅広いジャンルでのデザイン活動を行う。主な仕事にクラフトビール「COEDO」、抹茶カフェ「nana’s green tea」、ヤマサ醤油「鮮度生活」「まる生ぽん酢」、スキンケア「ユースキン」など。グッドデザイン賞をはじめ、国内外100以上の賞を受賞。大学、企業などでの講演やセミナーも多数行う。著書に『ブランディングデザインの教科書』(パイ インターナショナル)ほか。


■目次
西澤明洋インタビュー
エイトブランディングデザインのブランディングメソッドを公開
デザインの「踊り場」をつくる啓蒙活動
MANGA BRANDING MAN / WORKS01 堀口珈琲 / WORKS02 山形緞通
SPECIAL TALK 隈 研吾 × 西澤明洋
WORKS03 カカオロジー / WORKS04 KITOTE / WORKS05 nana's green tea / WORKS06 OREC / WORKS07 SGC / WORKS08 はしづめ製麺 / WORKS09 サツドラ / WORKS10 COEDO / WORKS11 ひかり味噌 / WORKS12 PELP!
スタッフ&オフィス
夏の美術学校特集2022
Creator’s Value Special Edition
クリエイターズ・バリュー クリエイター35組の仕事

2022/05/02 【News2】

「究極のロゴデザイン」≪5月9日発売!≫

「究極のロゴデザイン」

ロゴデザイン1,000点を収録!展開事例や制作過程、フォントの解説が付いた、必携の一冊。


【デザイナーはもちろん、企業ブランディングや商品開発に携わるすべての人に】
 企業やブランドのイメージを左右するロゴデザインですが、その良し悪しはどこにあるのでしょうか。

 近年は、誰でも簡単にロゴが作成できるような便利なツールも増えていますが、ブランドコンセプトを見事に具現化し、機能性や耐久性を備えたロゴ設計は、見る人や使う人の記憶に残り、信頼感を与え、ブランドの価値を高めることにもつながります。

【ブランドコンセプトの落とし込み方、フォントの選び方など、一流のノウハウが学べる。】
 本書では、日本を代表するアートディレクター・デザイナー26名のロゴデザイン1,000点を掲載。
 ブランドコンセプトの落とし込み方や、ロゴデザインの鍵を握る"フォント"にも着目し、目的に合わせたフォント選びや、オリジナルフォントの設計など、どのようにしてブランドイメージを視覚化しているのか、プロセスを交えて紹介しています。

【佐藤可士和氏 SPECIAL INTERVIEW「メディアが多様化する高度情報社会に、ますます高まるロゴデザインの重要性」も必読!】
 アイコニック・ブランディングという方法論を軸に数々のロゴデザインを手掛け、2021年には国立新美術館で「佐藤可士和展」を開催し、好評を博した佐藤可士和氏に、コンセプト設計やロゴデザインの役割についてお聞きしました。

 インタビューとともに、ユニクロ、楽天などのロゴデザインもご紹介している20ページにわたる巻頭特集をお楽しみください。


2022/04/12 【News2】

会員news【イラストレーター:うよ高山】

うよ高山が絵を手掛ける絵本「ワニはどうしてワニっていうの?」(作/大塚健太)が、2022年4月13日に発売。


〈 書籍の内容 〉
思わずクスッと笑ってしまう親子の会話
ワニの親子がジャングルを散歩しています。「ねえ ねえ。おとうさん。ワニはどうしてワニっていうの?」「それはね、えものをつかまえるとき『ワッ!』っておどろかして、えものがとれると『ニッ!』ってわらうからだよ。だから『ワッ!ニッ!』だ。」「へぇ!じゃあブタはどうしてブタっていうの?」
素直に質問をぶつけてくる子どもに、適当な答えを続けるお父さん。さてどんな結末が待っているのでしょう?


〈 編集者からのおすすめ情報 〉
数々の絵本作品の文章を手掛ける大塚健太さんの文章に、韓国のNAMIコンクールで最終選考にも選ばれた新鋭うよ高山さんのゆるくてかわいい絵が、見事に化学反応を起こしました。ユーモアたっぷりのクスッと笑ってしまう展開ですが、質問に自分だったらどう答えるかをお互い話しながら、親子で読み進めるのもいいかもしれません。


■書籍■
出版社 小学館
定価 1430円(税込)
発売日 2022年4月13日
判型 B5横変
ページ数 32
ISBN 978409725484



[Profile]
うよ高山

バンタンデザイン研究所卒業、パレットクラブスクール修了。ファッションデザイナー、Gデザイナーを経て、イラストレーターへ。2013年度朝日広告賞準部門賞。著作に絵本[My name is Luck ぼくのともだち]。主な仕事は広告、SP、Web、店舗装飾、装画、キャラクター等です。
https://uyo.jp/

2022/03/07 【News3】

誰でも自由にアートを発信できる場所 "デザインフェスタ"


オリジナルであれば誰でも無審査で参加できるアートイベント、デザインフェスタ。プロ・アマチュア問わず、「⾃由に表現できる場」として1994年から始まった。
春・秋の年2回開催され、2022年5⽉に55回⽬を迎える。参加経験のある2⼈のクリエイターに、会場の様⼦や展⽰・集客に関して⼯夫していることなどを聞いた。



2022/02/12 【編集部より】

デザインノート Premium グッドデザインカンパニー水野学の仕事
好評発売中

デザインノート Premium
グッドデザインカンパニー 水野学の仕事


特集「グッドデザインカンパニー 水野学の仕事」


コロナの時代となり、ますます数多の企業、団体は苦悩し、分かってはいるが踏み出せなかったブランディングに本気で取り組むようになってきました。そんな中、ブランディングデザインの第一人者、クリエイティブディレクター水野氏、そして氏が主宰するグッドデザインカンパニーは、質、量ともに高次元でクライアントの要求を満足させ続けています。同誌では進化し成果を出し続ける水野氏の仕事を、ふんだんなビジュアルと明快な解説で、その洗練され、見事に本質を突くブランディングデザインのロジック、表現を学ぶことができます。まさに、水野学という1人のクリエイターの本質に迫る一冊となります。

■水野学(みずのまなぶ)プロフィール
good design company代表。
クリエイティブディレクター/クリエイティブコンサルタント。
1972年、東京生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後、1998年、good design companyを設立。ブランドや商品の企画、グラフィック、パッケージ、インテリア、宣伝広告、長期的なブランド戦略までをトータルに手掛ける。主な仕事に、相鉄グループ全体のクリエイティブディレクション及び車両・駅舎・制服等、熊本県「くまモン」、三井不動産ロゴ、JR東日本「JRE POINT」、中川政七商店、久原本家「茅乃舎」、黒木本店、Oisix、にしき食品「NISHIKIYA KITCHEN」、再春館製薬所「ドモホルンリンクル」、NTTドコモ「iD」ほか。
The One Show金賞、CLIO Awards銀賞ほか国内外で受賞歴多数。
自ら企画運営するブランド『THE』ではクリエイティブディレクションを担当。
著書に『センスは知識からはじまる』(朝日新聞出版)、『「売る」から、「売れる」へ。水野学のブランディングデザイン講義』(誠文堂新光社)、山口周氏との共著『世界観をつくる 「感性×知性」の仕事術』(朝日新聞出版)ほか。

■目次
・水野学 スペシャル・インタビュー
・works :相鉄グループ、中川政七商店、三井不動産、尾鈴山蒸留所
・鼎談:牧野圭太 (DEinc.) × 辻愛沙子 (arca) × 栗林和明 (CHOCOLATE inc.) × 水野学
・works :アイル、THE
・スタッフが語る“gdc”イズム”とは?
・水野学メッセージ





2022/01/19 【News2】

会員展覧会news【フォトグラファー:水津惣一郎】

水津惣一郎「読奏劇 写真展 in OIOI」が東京と大阪で開催。

■開催概要■
「読奏劇 写真展 in OIOI」
[東京]2/19(土)〜27(日) 渋谷モディ 7Fイベントスペース
[大阪]3/12(土)〜20(日) なんばマルイ 7Fイベントスペース
※詳細順次発表/開催店舗へのお問い合わせはご遠慮ください。

【写真展示俳優】
太田基裕/大平峻也/崎山つばさ/橋本祥平/牧島 輝/北村 諒/有澤樟太郎/佐藤流司/櫻井圭登/伊万里有/梅津瑞樹/田村心
※企画出演順/敬称略

写真:水津惣一郎(https://www.instagram.com/soichiro/?hl=ja )
Painter:Honjo Aoi
ビジュアルデザイン:Kuwahara Yoshiyuki
プロデュース:羽田野嘉洋(Dreamline inc.)

企画:株式会社ドリームライン

【読奏劇とは?】
『"朗読"という楽曲のMusic Videoを届ける』をコンセプトに、パブリックドメインとなった国内外の名作小説を、音楽のMusic Videoのように演出・制作する配信特化型の朗読劇。
映像は場面によっては、MVの枠を超えてドラマや映画をイメージさせる作りとなっており、従来の朗読劇とは全く違った感覚で楽しめるコンテンツとなっている。
2020年8月より配信開始、2022年2月5日に12回目の配信を予定。

2021/10/28 【News3】

会員展覧会news【フォトグラファー:山泰治】

山泰治個展「In the Light」が2021年11月16日(火)から28日(日)まで3331 Arts Chiyodaにて開催。

3331 Arts Chiyoda B104にて写真家 山泰治による個展「In the Light」を開催いたします。

作家本人が写真の根源である「光」を改めて追求し、表現したいという思いから始まった今回の作品。自身にとって「光」を表現できる対象を探し、たどり着いた、人の肖像。そこで出会った自然の光は、操る隙など全くなく、強く堂々と溢れ続けていたという。その美しい舞台の上を刻一刻と変化し溢れ続ける光に魅了され、「終わらない何かに出会った瞬間にシャッターを切った」という作品の数々。

作品に切り取られた光と瞬間は決して特別なものではなく、誰しもが見た記憶のある情景ではないだろうか。

「被写体となる造形としての美。写真固有の時間と記憶の真実。刻み込んだ眼差し。すべてが美しく溢れる光の中にただ”ある”ということ。この写真には、二度と戻る事のできない”今”が写っていると信じています」(山)

2021/10/01 【News2】

会員NEWS【イラストレーター:サッサエリコ】

個展「みちくさ」が、2021年11月5日から11月20日まで愛知県名古屋市「ON minor project」にて開催

「みちくさ」
2021年11月5日〜11月20日
12:00-18:00 (木曜、日曜休み 最終日は16:00まで
会場:ON minor project
愛知県名古屋市千種区覚王山通り9-19覚王山プラザ地下一階
(弦楽器修理工房KAKUOZAN MOKU内)
地下鉄覚王山駅4番出口より徒歩3分
Instagram: on_minor_project

2021/08/05 【News3】

会員NEWS【デザイナー:汐田瀬里菜】

デザイナー汐田瀬里菜が、アートイベント「テラスアート」のメインビジュアルをデザイン

テラスアート - Terrace Mall Shonan ART Exhibition
2021.07.17 - 10.31

テラスモール湘南は、家の延長でありながらも外の自然を感じられる 人と人が自然に声を掛け合う「テラス」のような場所。 青く広がった空や海や吹き抜けていく風、時間や季節の変化など湘南の自然が いつも身近に感じられる場所としてだけではなく、人と人を緩やかに結びつける地域コミュニティでもある。 テラスモールにある「アート」も湘南の自然の光や風、心地よい時間を感じ 自分たちのライフスタイルを大事にする人々にクリエイティビティを刺激し、アートと暮らす日々を届ける。 10年後、20年後も永く地域に愛される「人々が集う丘」のような展示を目指します。


テラスモール湘南
イベント期間:2021年7月17日(土)-10月31日(日) 10:00〜21:00
住所:神奈川県藤沢市辻堂神台1-3-1
TEL:0466-38-1000
URL:https://shonan.terracemall.com/
Instagram:@terracemall.shonan

アクセス:
・電車をご利用の場合
横浜から約25分、小田原から約29分 (日中平常時、東海道本線利用)
※アクセス詳細は公式HPをご確認ください

▼イベントページURLはこちら
https://bit.ly/3zeXBqr

2021/07/21 【News3】

会員NEWS【イラストレーター:ヤマナカ ハルナ】

グループ展「Graphic Art exhibition <2021.August> 〜クリエイティブ表現の現在〜」が2021年8月3日(火)から 8月7日(土)まで開催。


Graphic Art exhibition <2021.August> 〜クリエイティブ表現の現在〜

会期 2021年8月3日(火)〜 8月7日(土)
※日・月・祝日休廊

平 日/火曜日 〜 金曜日 12:00〜18:00
最終日/土曜日 12:00〜15:30

矢田明子 ヤマナカ ハルナ 希美 SASANA

http://www.recto.co.jp/verso/


RECTO VERSO GALLERY
〒103-0025東京都中央区日本橋茅場町2-17-13第2イノウエビル401
TEL:03-5641-8546 FAX:03-5641-8547
Mail:info@recto.co.jp URL: http://www.recto.co.jp/verso/

※建物内は階段のみとなり、エレベーターはございません。

2021/07/20 【News2】

会員news【広告写真家:清田大介】

広告写真家 清田大介 個展『-Dark Beauty-』が富士フォトギャラリー銀座にて2021年9月3日〜9月9日に開催

東京都の広告写真家であり「清田写真スタジオ」の経営者でもある清田大介は、東京・銀座にある富士フォトギャラリー銀座にて個展『-Dark Beauty-』を2021年9月3日(金)〜9月9日(木)に開催いたします。


また、清田はInstagram、Twitter、Facebook、WeiboなどのSNSへの投稿作品延べ3,300万枚の中から選ばれる10枚、「東京カメラ部10選 2020」に選出されました。選出された作品も展示しております。

2021/07/15 【News3】

会員NEWS【イラストレーター:うめだはなこ】

ガールズイラスト作家10名によるグループ展『マイ・ガール展』が原宿 デザフェスギャラリーにて開催


「かわいい」だけじゃない、多面的な少女の魅力を
新進作家10名が思い思いに描きます。

時にイノセントで、時にハッとするほど魅惑的で。

あなたの心の中の『美少女』を。
あなただけの『マイ・ガール』を見つけに。


『マイ・ガール展』
2021年8月27日(金)〜8月30日(月)
DESIGN FESTA GALLERY
WEST 1-F


DESIGN FESTA GALLERY
https://designfestagallery.com/

詳細ページ
https://designfestagallery.com/form_jp/gallery/exhibitors/detail.php?id=Y000046913&y=2021&m=08&d=27





2021/07/12 【News1】

イラストノート Premium 窪之内英策のスケッチノート
好評発売中!

丸ごと一冊「窪之内英策のラクガキ集」



稀代の描き手、窪之内英策はとことん手描きの作品にこだわって描き続けています。
1980年代後半を舞台に描かれた漫画「ツルモク独身寮」の作者であり、現在では漫画制作からイラストレーションに活躍の場を広げています。
淡くキュートな女の子のイラストが真骨頂。
独特のやわらかなタッチや色彩で描かれる手描きの生み出される唯一無二の表現は、世代や性別を超え多くのファンを獲得しています。



本書では、その圧倒的なテクニックを駆使した窪之内の最新の仕事やオリジナル作品をデッサンを中心として大量に紹介。
ファンのみならず、イラストレーターを目指す人、画家を目指す人、キャラクターデザインを目指す人、漫画家を目指す人、必見の内容にて展開します。



■概要
●EISAKU KUBONOUTI ART WORKS
窪之内英策氏の最新作を中心に、線画作品をふんだんに掲載。
窪之内氏の手から生み出される唯一無二の作品を、カテゴリーに分け、それぞれにご本人の解説を交えて紹介する。
女の子を描く/子どもを描く/海外の人たちを描く/おじさんを描く ほか



●ONE PIECE×EISAKU KUBONOUCHI(日清カップヌードルCM「HUNGRY DAYS ONE PIECE編」)
カップヌードルのアニメーションCM「HUNGRY DAYS」で、漫画「ONE PIECE」のキャラクターたちが現代の高校生だったら?という設定で窪之内氏がキャラクターデザインを描いた。
海賊団「麦わらの一味」をはじめ、主要キャラクターのデザイン画やCM原画を窪之内氏の解説とともに大公開。



●窪之内英策 独占ロングインタビュー 「紙と鉛筆で死ぬまで描く」
アナログでの描写にこだわり続けることの意味、モノクロの線画の絵の魅力、一本の線の意味、描くことの原点など。



●Q&A「窪之内英策に聞く20のこと」



■窪之内英策/KUBONOUCHI EISAKU
Profile
1966年高知県生まれ。高校卒業後、家具メーカーに就職して上京。1年後、漫画家になることを決意して退職。
1986年に小学館の新人コミック大賞を受賞し『OKAPPIKI EIJI』でデビューを果たす。
1988年より初の連載『ツルモク独身寮』がスタート。
『ショコラ』『チェリー』などの人気作品を発表する中、2010年に漫画家活動を休止。
休止中にTwitterにアップしたイラストが話題となり、現在CMやアニメなど多ジャンルで活躍中。


特集:「 窪之内英策のスケッチノート」

●ART WORKS
女の子を描く
男の子を描く
子どもを描く
海外の人を描く
おじさんを描く
3.11被災地応援チャリティ・プロジェクト作品「#想いをあつめる」

●NISSIN カップヌードル CM HUNGRY DAYS|ONE PIECE 篇
ONE PIECE×窪之内英策
キャラクターデザイン

●CM原画
ゾロ篇
ナミ篇
ビビ篇
頂上騎馬戦篇
ONE PIECE × BUMP OF CHICKEN 「記念撮影」フルバージョン

●窪之内英策 独占ロングインタビュー

●窪之内英策に聞く 20 のこと

夏の美術学校特集2021
Special Edition クリエイターズ・バリュー イラストレーター44人の仕事


2021/07/12 【編集部より】

デザインノート Premium 
好評発売中!

デザインノート Premium
最強のブランディングデザイン


特集「最強のブランディングデザイン」



第一線で活躍しているアートディレクターは、独自の手法でブランディングデザインを確立しています。
インターネットの拡大により、企業を取り巻く環境が激変している現在。
デザインに求められる要素は多様化し、ポスターやロゴデザインなどのグラフィックに留まらず、企業のブランド構築へと変化しています。
ブランドの問題点を抽出し、新しい価値を見出し、ブランドストーリーをしっかりと組み立てる。
あらゆる手法や思考を働かせて試行錯誤を行い、デザインの力で解決することが、これからのデザイナーにとって求められています。



今回の特集では、第一線で活躍するアートディレクターの仕事の事例から、ブランディングの考え方とプロセスをデザインの本質から解き明かします。
手がけたプロジェクトを本人の視点で解説、ロゴデザイン、パッケージデザイン、グラフィック、イメージビジュアルなど、手法やロジックを幅広いクライアントワークを徹底解説することで「売れるデザイン」をつくるヒントを探ります。
デザイナーを目指す人はもちろん、現在、携わっているアートディレクターやデザイナーにとって今、一番知りたいヒントが満載の特集です。

■目次
原 研哉(Nippon Design Center, Inc.)
永井 一史(HAKUHODO DESIGN)
佐藤 可士和(SAMURAI)
徳田 祐司(canaria)
水野 学(good design company)
金谷 勉(CEMENT PRODUCE DESIGN)
西澤 明洋(EIGHT BRANDING DESIGN)
山下 泰樹・木村 俊介(DRAFT.Inc)
加藤 智啓(EDING:POST)
内田 喜基(cosmos)

夏の美術学校特集2021


定価:1,800円+税
ISBN:978-4416621103
2021年7月12日発売

誠文堂新光社HP:https://www.seibundo-shinkosha.net/magazine/art/64520/

2021/06/24 【News2】

会員NEWS【デザイナー:汐田瀬里菜】

デザイナー汐田瀬里菜が、グループ展「音楽とグラフィック」に参加

【展示概要】
期間 2021.6.18(金)- 2021.7.25(日)
時間 木〜日 12:00 -19:00 (最終日は17時まで)
場所 OFS gallery (OUR FAVOURITE SHOP内)
Daijiro Ohara/Toru Kase/Serina Shiota
Miori Takeda/Koichi Yairi/Naonori Yago

レコードジャケットのグラフィックは、その音楽性だけではなく、その時代の思想・芸術・デザイン・ファッションなどの文化的背景が含まれている。アンディ・ウォーホルがプロデュースした「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド」のデビューアルバムはポップアートそのものであり、ザ・ビートルズの「サージェント・ペッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブバンド」は英国のポップアートの巨匠ピーター・ブレイクが手がけたことで知られている。レコードジャケットという表現メディアがクリエイションの可能性を広げ、アーティストやデザイナーはそのフレームの中で傑作を生み出し、自らの作品性を打ち出してきた。音楽がデジタル化され、そのイメージを伝える手段が小さなアイコンひとつの表現に集約される現代において、その一方で世界中でアナログレコードの人気が再燃し、売り場は再びグラフィカルな立ち上がりを見せている。本展では日頃、音楽に親しむグラフィックデザイナー 6名が Spotify (音楽ストリーミングサービス)で自分のプレイリストを作成し、アイコンとなるグラフィックを制作。それを元にして音楽とデザインのイマジネーションを独自の見解でヴィジュアルやツールに落とし込み自由に表現する。また、プレイリストの公開や、作品・グッズの販売、その他オンライン上での企画を展開予定。現代ならではの音楽とグラフィックの可能性を探る。

展示メンバーそれぞれのSpotifyのプレイリストはOFS GalleryのWebサイトで聞くことができます↓
http://ofs.tokyo/music_and_graphic

2021/06/14 【News2】

会員NEWS【イラストレーター:Kanako】

イラストレーターKanako自身初の個展「SAY HELLO!!展」が東京都杉並区CLOUDSギャラリーで開催

SAY HELLO!!展
▫︎ 日程 : 2021年6月22(火)〜27(日)
▫︎ 場所 : CLOUDSギャラリー https://www.cloudsgallerypluscoffee.com/
▫︎ Google Map:https://goo.gl/maps/A4iGUkB1FSQMy25c6
▫︎ 最寄り駅JR中央線・総武線高円寺駅北口より徒歩4分



はじめての個展で緊張していますが、あまり仰々しくならず、自然体でイラストを楽しんでもらえるような展示にする予定です。ギャラリーにはカフェも設置されますので、コーヒーやカフェラテなどお好きなドリンクを飲みながら一時の休息を楽しんでいただければ幸いです。

個展までのプロセスなどはInstagramで楽しめますので、
ぜひ遊びにきてください↓
https://www.instagram.com/kanakoillustrator/

Kanako





2021/06/14 【News3】

会員NEWS【デザイナー:秋山かおり】

美しい感染症対策のデザイン展『NEW NORMAL, NEW STANDARD 2 -Meal Time-』が東京と大阪で開催。デザイナー 秋山かおりも参加


2021年6月15日(火)より東京・表参道のTIERS GALLERY(ティアーズギャラリー)、2021年7月3日(土)より大阪・松屋町のPage Gallery(ページギャラリー)にて、美しい感染症対策のデザイン展- NEW NORMAL, NEW STANDARD 2 -Meal Time-が開催される。

展示会名:美しい感染症対策のデザイン展 -NEW NORMAL, NEW STANDARD 2 -Meal Time-


東京展
日時 2021年6月15日(火)〜6月20日(日) 12:00〜19:00
会場 TIERS GALLERY by arakawagrip(荒川技研工業本社ビル 3 F)
住所 150-0001 東京都渋谷区神宮前5-7-12
電話 03-5774-8190

大阪展
日時 2021年7月3日(土)〜7月11日(日) 12:00〜19:00
場所 Page Gallery (KAIRI EGUCHI DESIGN 1F)
住所 542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町2丁目14−8
電話 06-4392-7970

参加デザイナー:浦田孝典、中込明、江口海里、秋山かおり、狩野佑真、土井智喜
主催:     NEW NORMAL, NEW STANDARD実行委員会 (土井智喜、浦田孝典)
特別協力:   荒川技研工業株式会社、株式会社 DOUBLE-H
協力:     土井木工株式会社、タケダデザインプロジェクト、平豊織物、維鶴木工
PR:      土井詩絵瑠、西田愛香
WEB:      https://newnormalnew.com
インスタグラム :https://www.instagram.com/new_normal_new/


6人のデザイナーが考えた、食事の時間を安心して心地良く過ごせるプロダクト。

飲食の際の感染症対策はソーシャルディスタンスやパーテーション等を中心に行われていますが、窮屈でわずらわしい思いをすることもあります。それをデザインの力で少しでも解決したい。
本展示会は2020年秋に開催され大きな反響を呼んだ「美しい感染症対策」をテーマにした展示会の第二弾で、今回は食事の時間を安心して快適に過ごすためのプロダクトを展示いたします。

2021/06/13 【News1】

会員NEWS【デザイナー:小栗誠詞】

小栗誠詞が代表を務めるデザインオフィス イドが、「クリエイティビティが生まれるオフィス」をテーマとしたショールーム「LIVING MOTIF WORK+」のインテリアデザインを担当。



LIVING MOTIF WORK+
働き方が大きく変化している現在、リモートワークが普及したことで、集う場所としての価値が問い直されています。より明確な意図を持った空間であることや、状況に応じて柔軟に対応できることがこれまで以上に重要になってきました。

LIVING MOTIF WORK+は、インテリアショップであるLIVING MOTIFが運営するショールームです。複数のブランドを取り扱う強みを活かし、オフィス家具を組み合わせたワークユニットによる空間を提案します。ワークユニットによって作り出される空間の魅力を伝えるため、ショールーム自体は床と壁のみのミニマルな構成としています。ワークユニットはあらゆるインテリアに合うように考えられたものです。そのため、ショールームとしては、素材によってイメージが偏ってしまわないようにしながらも、オフィス空間を想起しやすいような工夫が必要だと考えました。

そこで、マットなダークグレーの面材にベージュの目地材を収めることで、目地が生み出す「線」に表情を与え、特徴づけることを試みました。これにより、タイルやヘリンボーンフローリングの気配が感じられます。一つの大きな空間をグラフィカルな線によって、緩やかに分節しました。
また、床と壁に施された「線」は、メジャーのような役割も果たし、オフィスに設置した際のスケール感が捉えやすくなるという実用性も備えています。ショールームにおける実務的な確認作業を楽しいコミュニケーションに変換することを目指しました。

LIVING MOTIF WORK+は、新しいオフィスの在り方を提案するショールームです。これからのオフィスを構想するドローイングを立体化したような、創造性を掻き立てる空間に仕上げました。現在、ショールームとしてはもちろん、ミーティングやカタログ撮影のための空間として活用する計画も生まれています。「クリエイティビティが生まれるオフィス」を提案するショールームは、その空間自体もクリエイティビティを生み出しています。


2021年4月
所在地:東京都港区
デザインコラボレーション:株式会社アクシス
ディレクション:吉田栄二・太田美紀・横山優(アクシス)
インテリアデザイン:小栗誠詞・渋谷明・上遠野苑美(イド)
施工:井口博志(エスタビルド)
写真:山内紀人


2021/06/03 【News2】

会員NEWS【イラストレーター:あいめりこ】

イラストレーター あいめりこの個展が、大阪 芝田町画廊で2021年6月4日(金)から13日(日)まで開催。


開館時間:11時〜19時 ※最終日は17時まで
休館日:会期中無休

展示作品は以下よりご覧いただけます。作品の購入も可能です。
https://gallery-shibatacho.jimdo.com/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%81%82%E3%81%84%E3%82%81%E3%82%8A%E3%81%93/



2021/01/20 【News1】

イラストノート Premium
2021.1.26(水)発売

寺田克也は、ジャンルの枠を、さらには国境を、「描く」ことで軽々と越えていく。
プロが心酔するプロ、寺田克也が、その仕事の流儀を惜しげもなく公開する独自企画が実現!

2019年初頭から2020年の冬まで、完全密着。
最新作をふんだんに紹介するほか、ギャラリストへのインタビューを含め、内と外の両側から寺田克也のクリエイションと思考に迫ってみました。



特集:寺田克也、ココ500日。

●寺田克也、描く
最新作を中心としたアートワーク

●寺田克也、魅せる -- ココ500日の全個展を追跡!--
500 日の間に行われた全個展を紹介。
展示風景と展示作品の画像を交えながら、各ギャラリーオーナーへのショートインタビューを敢行。

・2019年3月-4月
トランスポップギャラリー @京都
異色の「寺田爺」

・2019年4月-5月
ヴォイド @東京・阿佐ヶ谷
圧倒的100作品超「ラクガキング東京」

・2019年12月-2020年1月
GR2 ギャラリー @ロサンゼルス
日本とアメリカ、アートとマンガ、幾多の境界を越える「Dragon Girl」

・2020年2月
モグラグギャラリー @東京・御徒町
マクロ×ミクロの交錯世界「ハカリウリ 寺田克也線画」

・2020年5月-6月/9月
ギャラリーハウスMAYA @オンライン/東京・青山
電と生とで何ができるか?「えんぴつ2 - モンスターと少年」

・2020年11月-12月
スペースカイマン @東京・日本橋
今できるカタチを模索して「テラカツショー at カイマン」

●寺田克也、答える -- 学生たちとの Q&A --
桑沢デザイン研究所での授業を誌上で再現。学生たちからのピュアな質問に対する、寺田先生の答えとは。

・寺田克也の500日年表
ココ500日を振り返り、次の 500日を考える、ロングインタビュー。

●寺田克也、語る -- 独占ロングインタビュー --
ココ500日の活動と思考を見つめる

・読者プレゼント

・SPECIAL EDITION クリエイターズ・バリュー
イラストレーター29人の仕事

・第21回「ノート展」大賞受賞 特集誌面
萩結

発売日:2021年01月26日
定価(税込):2,200円
ISBN:978-4416521830
誠文堂新光社HP:https://www.seibundo-shinkosha.net/magazine/art/53531/

2020/10/12 【News2】

会員NEWS【イラストレーター:小澤パー子】

イラストレーターの小澤パー子が展示会「森のとびら」展を2020年10月17日(土)から10月23日(金)までCOFFEE ritmos(東京都八王子市)にて開催。

「食欲の秋」をテーマに、お菓子に関する絵本数点とその絵本に出てくるお菓子の販売、そしてイラスト数点の展示を予定している。

■展示会の詳細
展示会主題:「森のとびら」展
日時:2020年10月17日(土)〜10月23日(金)
時間:12時〜20時 (変更あり。随時SNSにてお知らせいたします)
会場:COFFEE ritmos (コーヒー リトモス)
住所:東京都八王子市子安町4-10-10 (JR八王子駅南口より徒歩1分)

なお、カフェでの展示になりますのでオーダーをお願いしております。

2020/10/08 【News3】

会員NEWS【建築空間デザイナー:草木義博】

国際芸術祭 BIWAKO ビエンナーレ 2020が、森羅万象〜COSMIC DANCE〜をテーマに、2020 年 10 月 10 日(土)から2020 年 11 月 23 日(月・祝)まで滋賀県近江八幡市・彦根市で開催される。

本祭は、国内外の芸術家約 60 組を滋賀県に招き、近江八幡市・彦根市の市民と協働で開催。両市で使われなくなった日本家屋を修繕・清掃、アート作品の展示により再生し「BIWAKO ビエンナーレ」の会場として一般に公開する。

参加アーティストは、江頭誠(毛布による造形/日本)、君平(インスタレーション/日本)、コシノヒロコ×circle side(インスタレーション/日本)、井上剛(ガラス/日本)、saiho(ランドスケープデザイナー/サンフランシスコ在住)、林イグネル小百合(作曲家/スウェーデン在住)、野田拓真(唐紙/日本)、トーマス・フォイエルスタイン(インスタレーション/オーストリア)、ガブリエラ・モラウェッツ(映像・インスタレーション/ポーランド) 他。

コラボ企画として9 月 25日から10 月 3 日に実施されたプレ国際芸術祭BIWAKOビエンナーレ X ニュイ・ブランシュKYOTO 2020には、クリエイターズ・バリュー会員の草木義博(有限会社 空間デザインワークス)も出品した。本祭では近江八幡市に出品する。

【開催要項】
展覧会名:国際芸術祭 BIWAKO ビエンナーレ 2020 [BIWAKO BIENNALE 2020]
テーマ:森羅万象〜COSMIC DANCE〜
会期:2020 年 10 月 10 日[土] − 11 月 23 日[月・祝] 10:00〜17:00 ※休み 水曜日
料金:近江八幡・彦根共通チケット一般 3,500 円(3,200 円)、学生(大学・専門学校・高校生)2,500 円(2,200
円)、各エリアチケット一般 2,500 円、学生 2,000 円
※()内前売り料金、中学生以下無料
展示会場:近江八幡市及び彦根市
主催:文化庁・独立行政法人日本芸術文化振興会・国際芸術祭 BIWAKO ビエンナーレ実行委員会
助成:(公財)朝日新聞文化財団、(公財)花王芸術科学財団、(公財)関西・大阪21世紀協会、他
協賛(予定):夏原工業株式会社、食産耕房、近江ユニキャリア販売株式会社 他
後援(予定):滋賀県、滋賀県教育委員会、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、ポーランド大使館、スウェーデン大使館、他
協力:近江八幡左義長保存会、近江八幡まちや倶楽部、村雲御所瑞龍寺門跡、あきんど商店街、近江鉄道、京都大学 LSA、滋賀県立大学永井研究室、福井大学 教育学部 坂本研究室他
交通案内:【近江八幡エリア】
公共交通機関ご利用の場合
JR 東海道線・近江鉄道「近江八幡」駅下車→駅北口近江鉄道バス 6 番乗場「長命寺・国民休暇村」行き
⇒「大杉町」下車(乗車時間約 7 分)
お車の場合
名神高速道路「竜王 I.C」より約12 辧◆嵌日市 I.C」より約 15 近江八幡方面へ
【彦根エリア】
公共交通機関ご利用の場合
JR 東海道線・近江鉄道「彦根駅」下車・彦根城→駅から北西に徒歩約 10 分・城下町→駅から南西に徒歩約 15 分圏内
お車の場合
名神高速道路「彦根 I.C」より西・または北西方面へ約 12 分
事務局住所:〒523-0846 滋賀県近江八幡市博労町上 17
Tel:0748-26-5832
E-mail:info@energyfield.org
公式サイト:http://energyfield.org/biwakobiennale/
Facebook:https://www.facebook.com/biwakoBN (日本語)
https://www.facebook.com/BiwakoBiennale (英語)
Twitter:https://twitter.com/biwako_biennale


【関連企画】
プレ 国際芸術祭 BIWAKO ビエンナーレ 2020〜 森羅万象〜COSMIC DANCE〜 ニュイ・ブランシュ KYOTO 2020
ニュイ・ブランシュ KYOTO 2020 の開催に合わせ、コラボ企画としてプレ国際芸術祭 BIWAKO ビエンナーレを開催。
共催:京都市、アンスティチュ・フランセ関西 - 京都
会期:9 月 25日〜10 月 3 日
会場:元離宮二条城 二の丸御殿 台所・御清所(京都市)
協力:元離宮二条城、MUZ ART PRODUCE

2020/10/02 【News2】

会員NEWS【アートディレクター:武井衛】

軽井沢のデザインブランド「RATTA RATTARR(ラッタラッタル)」のパッケージデザイン展『透明なパッケージ』が10月16日より平和紙業株式会社ペーパーボイス東京で開催。MARKLE DESIGN代表の武井衛がデザインサポートを担当している。

透明なパッケージ展はRATTA RATTARRの取り組みに対し、ダイバーシティ&インクルージョンの取り組みに力を入れている江崎グリコの企画賛同を得て開催される。誰もが一度は手にしたことのあるグリコのお菓子のパッケージをお菓子の本質が伝わる透明なパッケージへとRATTA RATTARRがデザインした。

軽井沢にあるRATTA RATTARRのアトリエで障がいのあるクリエイターが毎日、デザインの源となる原画を描いている。対象を独自な視点で抽象化して、表現する画は対象の本質を浮き上がらせる。パッケージに使用される原画は、RATTA RATTARRのクリエイターが対象となる商品を観察し、または味わい、本質を捉えて描いた。

その原画をパッケージデザインへと応用することで、対象商品の本質が浮かび上がる『透明なパッケージ』を制作。『透明なパッケージ』を展示することで、これからのパッケージデザインの意義を問いただす機会となるだろう。

2020/09/25 【News2】

会員NEWS【インテリアデザイナー:小栗誠詞】

小栗誠詞が代表を務めるデザインオフィス イドが、焼きたてチーズタルト専門店「BAKE CHEESE TART」CIAL横浜店のインテリアデザインを手掛けた。

工房一体型の店舗であることから、オーブンで焼きあがったチーズタルトがベルトコンベアに乗って、お客さまの元まで流れてくる様子を表現。傾斜のついたカウンターは、焼きたてのチーズタルトへの誘目性を高める効果がある。

百貨店の地下食料品売り場という非常にコンパクトな立地だからこそ、売り場と工房を隔てることなく、素材的にも厨房機器と揃えることによって、
ブランドコンセプトを鮮明に訴求している。

また、作業什器を兼ねたパッケージディスプレイも、パッケージがベルトコンベアで運ばれていっているような表現とし、空間全体に動きを与えた。こうすることで、主役であるチーズタルトを引き立てると同時に、活況な店舗の雰囲気を演出している。



次の10件

ページの先頭へ